消しゴムはんこ

0
    突然ですが,急遽,学部のオープンキャンパスの際に高校生に配るお土産として,うちわを作ることになりました。震災の影響で,プラスチックの芯の部分の在庫がほとんどないとのこと。図案の原稿は明日までという案件でしたので,最近腕を上げた「消しゴムはんこ」で対応することにしました。鹿児島の素材を探して図案を作り,2人で10個作りました。

    はんこ
    (かごしま丸,ハセイルカ,サツマハオリム,カツオ,ワタリガニ,ナミクダヒゲエビ,海藻3種)

     でもこれだけでは足りないので,子供たちが作ったものや「うみそうじん」たちも動員し,なんとか作り上げました。消しゴムはんこは,図案や彫る作業よりも,どのように配置して押すかが一番大変です。うーんどんなうちわができることやら。

    風鈴

    0
      鹿児島大学共通教育科目「海へ出よう」では,水辺活動における危機管理やカッター,カヌー等のパドルスポーツ,ビーチコーミングと漂着物調査などを行っています。

      台風の隙間を縫って今年も何とか終了しました。今回の漂着物アートは,先月鎌倉で「よこばい歩きの会」に教えてもらった「風鈴」作りをしました。

      材料は,「流木1本」と「あたると音がする漂着物」。ドリルで穴を開けて,またはテグスでネットを作って,ひもで吊るします。
      事前に準備する工具は,充電式ドリルとはさみ,材料はテグスと至って簡単ですので,浜辺でも作れます。

      浜に棒を突き刺してロープに吊るしたり,松林にぶら下げて,海風,松風を音にしてみてはいかがですか。

      水産学部には海岸ぞいにあった頃の古い松の木が残っています。
      彼等も久しぶりに潮風を聞いたことでしょう。

      風鈴

      トレジャーキャッチャー

      0
        2010年7月19日から瀬戸内国際芸術祭2010が始まります。
        香川では着々と準備が進められており,その様子を見たり話を聞くだけでわくわくしてきます。ビーチコーマーの皆さん,漂着物を使ったアートもありますので,ぜひこの夏は,瀬戸内海へ。

        トレジャーキャッチャー1

        2010年6月11,12日,香川県大島でのクリーンアップのため,高松へ。夕方,市内の商店街を歩いていて発見したのが,このトレジャーキャッチャーです。

        UFOキャッチャーなるもの一度もしたことのない私ですが,この外観と中のお宝にはかなり引かれるものがあり,ホテルまでカメラを取りに走って帰りました。

        トレジャーキャッチャー2

        ただ残念ながら現在は故障中。ゲーセンへほとんど行かないため,ポピュラーなゲームなのかもしれませんが,ペンキの塗り具合がなかなかリアルで,この場から動けませんでした。どうして商店街のこんな場所に置いてあるのか?それがすごく気になります。

        そう言えば高松の街は瀬戸内海のなかでも,海を正面玄関とする街ですね。高速道路で分断され,港の沖に埋め立て地が広がる神戸や市街地の先にある広島と違って,街の正面には男木島,女木島,右手に屋島。香川のこの夏が楽しみです。

        陶芸作品

        0
          実家の父に焼いてもらった陶芸作品。土と火をうまくコントロールできない私にとっては,まだまだ試作段階です。焼き魚1

          作品作り

          0
            子供たちと共同で水族館作りをしました。紙粘土での造形は子供たちの担当で,私は色塗りを担当。もう少し早く乾くと1日で完成するのですがね。まこと作品1


            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << June 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others