海ごみ対策にはまず陸域美化が必要です。

0

     瀬戸内海で最も遅く海ごみ対策の地域計画が策定されたのが広島県と大阪府(平成29年3月)です。ライタープロジェクト瀬戸内海版の結果,両府県の特徴は,他県からの漂着というよりは他県への漂着が主であることが指摘されており(藤枝 繁,指標漂着物を用いた瀬戸内海における海洋ごみの流れと起源の推定,沿岸域学会誌,22(2),27-35,2009参照),大阪府と広島県の地域計画が最も遅れたことは大変残念なことです。周回遅れが否めませんが,ようやく瀬戸内海全体の海ごみ対策がスタートしたと言ってもいいでしょう。

     さて始まったばかりという大阪府に新たな課題を突き付けるのは酷なことですが,優先的に考えねばならない問題があります。それは陸域の散乱ごみ(ポイ捨てごみとタバコの吸殻)です。これまでの研究の結果,海ごみは陸域から河川を通じて流れ込んでいることがわかってきました。大阪も人が住むエリアは比較的きれいにされているのですが,幹線道路にはたくさんのごみやタバコの吸殻が散乱しています。

     昨年,G20が大阪で開催されるのを機に,大阪府も何か実行せねばということで,6月1日,大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で『海洋プラスチックごみ問題から考える SDGsシンポジウム』(主催:大阪府・関西広域連合)が開催されました。私はこれまでの瀬戸内海海ごみ調査の経緯から,「海洋ごみ問題の現状とその対策について」と題した基調講演を依頼されました。しかし瀬戸内海海ごみ調査はもう10年前の話。せっかくお話しするならと,以前から気になっていました街中のタバコの吸殻の散乱実態と港湾部の散乱ごみ実態について緊急調査を行い,このシンポジウムで発表することにしました。

    左:大阪府庁咲洲庁舎(左)この周りにもごみは散乱していた。

    右:タバコの吸殻が大量に散乱(白い点)しているポートタウン東駅付近の道路

     

    方法は,お決まりの自転車を使ったごみマップ法です。5月のGWを使って2日間,JR大阪駅から本町までの御堂筋周辺と大阪南港G20メイン会場であるINTEX大阪の周辺が調査場所です。この調査で分かったことは,

    (1)人の住むエリアにはごみはないということ,逆に言うと人の住んでいない港湾部や幹線道路に沢山のごみが散乱していること。

    (2)タバコの吸殻でごみマップを作ると地域の清潔度を計れそうなこと。

    (3)研究者一人がごみマップを作っても関係者(地域住民・企業,行政担当者等)は他人事のように感じ,対策が進まないこと

    です。特に(3)については,きれいなごみマップを作ることができましたが,そこで終わり。ごみマップは関係者で作って問題点を指摘し合って解決への行動に結びつけるツールであることを久しぶりの調査で思い出しました。

    ▲大阪南港の陸域散乱ごみマップ

     

    詳しくは藤枝 繁:海洋ごみの起源となる陸域(路上)散乱ごみ調査の試行 漂着物学会誌17,pp.5-10をご覧ください。

     


    おいしい牛乳で作るおいしそうな魚の作り方

    0

      個人で試作を重ねています「1L牛乳パック1個」を使った立体魚ですが,今回作り方を教えてほしいという要望がありましたので,

      2011年に長男の夏休みの工作で作った「おいしそうなマグロ」の作り方について紹介します。

      アレンジすればいろんな魚が作れますよ。

       

      【材料と道具】

      1L牛乳パック,ホッチキス(ステープラー),ホッチキス針,ハサミ,カッター,ペン

      参考のために魚図鑑があるといいですね。

       

      【図面】

      図面は以下の通りです。1Lの牛乳パックを写真のように展開します。

      飲み口はきれいに広げましょう。

      実線がハサミで切る箇所,点線が折る箇所,斜線部が使用しない箇所です。

      組み立て順を〜に示しています。

       

      【組み立て】

      ホッチキスをどのように入れるかと,どのように立体的にするかを考えて試行錯誤していきましょう。

      いろいろ作りましたが,マグロが一番作りやすいです。

      1)まず,,亮太を切り,点線で内側に折ります。

      内側に折った両側を指でつまんで,折目ギリギリの箇所をホッチキスで止めます。

      これがコツです。できるだけギリギリを止めると隙間が出ません。

      それと止めた後はしっかり針の頭を潰しておきましょう。緩みが出ません。

       

      2)次にの実線で切り,切った箇所を重ねて頭の形を整えます。

      いい感じの曲面ができたら口になる部分からホッチキスを入れて複数箇所で止めます。

      ここの形が全体の出来や魚種を決めます。

       

      3)背中側の頭と尾の曲面ができました。

       

      4)背びれ,胸びれ,尻びれ,尾びれを切り出し,ホッチキスで止めます。

      形は図鑑を見ると良いでしょう。

      ひれを全部止め終わったら,お腹側を合わせ,切目ギリギリの箇所で止めます。

       

      5)あごの曲面を作っていい感じのものが得られたら口からホッチキスを入れて止めます。

       

      6)最後に口を切って整えて組み立て完成です。

       

      7)パックを裏返して使っているため,白ですが色のりがよくありません。

      接合部のホッチキス針もあるので,色を塗るよりも色紙等を貼った方がきれいにできます。

      いろんな仕上げ方がありますが,古切手を使ってみました。

      古切手は熱湯に入れると封筒等からきれいに剥がれますが,大量に必要なので準備が結構大変です。

       

      8)これは子供たちに色紙を貼ってもらった作品です。

      小学3年生にあらかじめ作った魚を選んでもらい,色紙を貼ってもらうという活動をしました。

      目玉をしっかり入れると引き締まります。

      できた魚にはオリジナルの名前を付けてもらいました。

      この時は色紙を貼るだけの活動でしたが,2時間ほどかかりました。

      子供たちは魚の色や模様って意外に知らないようで,結構悩んでました。

      参考用の図鑑を準備しておきましょう。

      この工作は,形から作ると結構難易度が高いので,受講者人数がいると腕のいいアシスタントが必要です。


      2019年の始まりー船シリーズ再開ー

      0

         さて2019年となりました。昨年は,7月から鹿児島に戻り,再び南星丸やウエーブスキーに乗ることができるようになりました。なにより船の絵を描くことができるようになりました。また鹿児島大学の知で地域の課題を解決するという本職の使命により,与論島,沖之江良部島,徳之島,奄美大島,屋久島,種子島,そして甑島と県内離島をめぐり,いろいろな方とお話する機会を得ました。水産分野だけでなく,農林畜産分野や観光,食品,工業分野など,今までとは違う分野でのお仕事も増え,アイデアが沢山生まれました。まだまだ勉強不足でアイデアが社会に実装されるかは?ですが,どんどん面白いことを企画して鹿児島を活気づけることができればと考えております。

         一方,海ごみ分野ではマイクロプラスチックが話題となっており,少しずつですが活動を再開しています。海ごみの破片化については20年前から問題であることを唱えてきましたが,既に遅しといったところ。でも諦めることはできません。もう一度ネジを巻いて頑張ります。ということで,またまた沢山の課題を背負うことになりました。これも性分なのでしょうね。

         さて今年は6月23日に第10回日本さかな検定を鹿児島市で開催します。また11月には南星丸を使った教員免許更新講習を開催する予定です。鹿児島大学の社会貢献と南九州・南西諸島域の発展のために今年一年邁進いたします。どうぞよろしくお願い致します。


        海技士試験口述問題集を通じたJEANへのご寄付ありがとうございました。

        0

          2002年11月27日,長崎造船株式会社で建造された新船「南星丸」が鹿児島港に姿を現した日の写真。

          私は朝3時に長崎の造船所を出港する南星丸を見送り,先に鹿児島に戻って港で到着を待っていました。

          あれから16年が経ちましたが,南星丸は今でも元気に活躍中です。

           

          さて,1992年より情報提供をしてきました「海技士試験口述問題集」ですが,現在その売上げの全額を海ごみ問題に取り組む一般社団法人JEANに寄付しております。このたび皆様のご協力のおかげをもちまして2018年度の寄付金額が10万円を越え,初めてゴールドパートナーとなりました。JEANでは,30年前から海ごみ問題に注目し,市民による海ごみモニタリング活動を通じて改善に向けて様々な活動をしてきました。これからもごみのない美しい海を取り戻すだけではなく,皆様の安全な航海にお役に立てますよう,このご寄付を有効に活用させていただきます。皆様のご安航を祈念しております。ありがとうございました。


          再び鹿児島

          0

            3年3月生活した神戸を離れ,2018年7月1日より再び鹿児島大学に戻りました。今度は以前の水産学部から離れて,郡元キャンパスの一番西にある南九州・南西諸島域共創機構/鹿児島大学産学・地域共創センターとなります。南九州から南西諸島の地域や企業の発展を大学の研究から支援するという部署です。これまでいろいろとお世話になってきました鹿児島の皆様のためにお仕事できることにとてもワクワクしています。またそれ以外のご相談も受け付けています。海ごみ問題や非破壊検査のご相談は大歓迎です。お気軽にご連絡下さい。

            〒890−0065

            鹿児島市郡元一丁目21−40

            鹿児島大学/南九州・南西諸島域共創機構

            産学・地域共創センター

            連携推進部門 特任教授

            藤枝 繁

            TEL: 099-285-8664

             



            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others