摩耶山・六甲山へ

0

     神戸に来てから海に行けなくなったので,裏の摩耶山に暇を見つけては走って登っています。はじめはマラソンシューズで登ってましたが,マイナーな登山道へ入って行くと落ち葉で滑って登れないので,トレランシューズを買いました。滑らなくなったのはいいのですが,青谷道の延々と続く階段を下ると膝が痛くなり,月曜日は歩けないことが続きました。香川でウルトラマラソンをしている知人に膝が痛くて,,,と話したところ,【ワラーチ】を薦められました。ワラーチはゴムのソールと100均のゴムひもで作る現代版ワラジです。最初はふくらはぎと足の甲が痛かったのですが,次第に走り方を覚えて今では特に筋肉痛もなく,膝の痛みもなくなりました。下りもかかとから着地しないので膝への負担が減ったのでしょうね。ワラーチで摩耶山を走り初めてまもなく2年です。雪の中や沢道,岩場や獣道もワラーチです。すれ違うハイカーに驚かれることにも慣れました。足の裏を刺激しているせいか,この2年間,風邪もひかずに元気です。

     この3年間の走路が写真のオレンジのラインです。摩耶山の南面はほぼ攻めました。メインルートからマイナールート,鉄塔巡視路,ダム巡視路,されにイノシシ道まで,道らしきルートはほとんど攻めました。昨年からローブウェーやケーブルカーでショートカットして短時間で距離を伸ばしています。さらに今年からは北側に下って鉄道で帰ってくることも始めました。六甲山最高峰から有馬温泉へのメインルートも走り,これからは北面の枝ルートの開拓です。初めての道はカヤックで初めての海岸をまわっていたときのようにわくわくするものです。ルートによっては誰にも会わず,イノシシに会うこともあります。これはカヤッカーに会わずにイルカに会うようなものですね。2〜3時間で十分リフレッシュできます。でも海のような驚き(洞窟や奇岩,漂着物など)がないのがもの足りません。子供たちもついて来てくれず,知人を誘っても私のスピードに着いて来れず,当分は一人が続きそうです。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others