キンモクセイの花の香り

0

     キンモクセイの花の香りがする季節となりました。この香りがするといつもの季節がやって来たと感じるのですが,いつこの香りがしていたのかはあまり覚えがありません。気がつけばたくさんのオレンジの花が咲き,それが散って香りも終わり。でもこの香りをよく覚えています。今思えば,朝夕が涼しくなった頃だったような気がします。

     姶良の我が家には玄関にキンモクセイの木があり,最初の頃はきれいに丸く剪定していたのですが,知人の庭師が,寂しいんだったら大きくしてみたらという意見から,強く剪定をするのを止めました。その後,あまりに大きくなってしまったので,真ん中にツリーハウスを作りました。子供たちも登ったりぶら下がったりとよく遊んだ樹ですが,虫が出るようになり,近づかなくなってしまいました。

     先日仕事で鹿児島に帰る機会がありました。いつもの道を通り、いつものラーメン屋でラーメンを食べ,いつもの浜辺で昼寝をしと,いつもと変わらない鹿児島でしたが,さあ帰ろうかと思うとき,帰る家がないことに大きな寂しさを感じました。帰る家とそこに待つ家族というのは,家族を持って感じるようになりました。

     香りも家族のシーンを思い出させます。神戸での生活には,家族のシーンの中にこの香りというものがありません。私も大阪の実家での思い出はどんどんと忘れ去られて行きますが,子供たちと一緒に遊んだ様々なシーンは,ほんのり香るキンモクセイの花の香りでも鮮明に思い出させてくれます。親になってからのシーンが一番鮮明です。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others