海技士試験問題集

0

     航海士,船長になるためには海技士免許が必要です。この免許の取得には,筆記試験合格だけでなく,実務経験が必要で,両者の条件を満たした上で最後に口述(面接)試験を受ける必要があります。残念ながら私は乗船履歴が足りず,最後の一級口述試験を受けることができませんでした。筆記試験は過去問が公開されており,過去6年分を勉強すればほぼ網羅できるようですが,この口述試験については,情報がないため,受験者の皆さんは実務で忙しい中,対策に苦慮していたというのが現状でした。口述試験対策用の参考書も出版されていますが,すべての問題が網羅されておらず,また時代によって問題も古くなり,さらには試験官によって言い回しや突っ込み方が異なることから,口述試験対策には,出版物ベースでの情報提供には限界があると感じています。

     そこで1992年より,一級、二級、三級海技士(航海)口述試験に出題された問題を受験者から収集し,これから受験する皆様に提供するサービスを開始しました。

     2016 年12月現在,一級海技士(航海)では66名の受験者から,また二級海技士(航海)では84名の受験者からのべ3,115題の問題を提供いただき,分類整理後1,309題にものぼる海技士問題のデータベースへと発展しました。さらに三級海技士(航海)問題については,ウエッブサイトで公開し,公開問題数も1,000問題を越えました。この間,受験者からの感想から,女性の試験官が登場することを知りました。現在は受験者にできる限り早く問題集をお届けするため,パスワード付きPDFファイルとしてe-mailで添付送付することにしています。また月に4〜5名程度の利用者があり,問題集も情報提供後にバージョンアップしています。合格のお知らせとともに届く大変参考になりましたというお言葉が継続のエネルギーになっています。また懐かしい卒業生からの申し込みもあり,私が若かった頃の夢を思い出しております。
     現在,売上げの全額を“海ごみ問題解決のため”に国際海岸クリーンアップ「ICC」(主催:一般社団法人JEAN)の活動に寄付させていただいております。皆様のご安航と職場である海をいつまでも美しく保つために,これからもお力になれればと考えております。
     問題集ご希望の方は,下記のウエッブサイトの「完全版最新問題集申し込み方法」をご一読いただき,藤枝までメールでご連絡ください。皆様のご安航を祈念しております!

    http://seafrogs.info/kaigishi/kaigishi.html


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others