ボランティア活動と人のつながり

0

     10年ほど前,大学教員をしていた頃,大学卒業後,企業に就職してサラリーマンになった自分と「最近どうね」とお酒を飲んで仕事のこと,家族のこと,趣味のことなどをたくさん語りたいなと思っていました。私は大学卒業後,これまでいろんな出会いがあって大学の教員となり,好きな研究をし,自分なりに授業を考え,学生の皆さんと一緒にいろんなことをやってきました。その出会いの中から,海岸清掃活動を通じたボランティア活動を始め,いろんな方と出会い,影響されて自分の進む道が大きく変わりました。もう少し正確に言うと,自分の進むべき道が「はっきりとしてきた」といった方がいいでしょうね。

     現在,憧れのサラリーマンとして一年半が経ちました。過去の自分とお酒を飲みに行くことはできませんが,最近,自分の生き方が以前とちょっと違うなと思うようになりました。特に営業でいろんな方と出会うようになりましたが,これまでお会いしてきた人とは大きく違うのです。それは何だろうかと考えるようになりました。そう,簡単なことなのですが気がついたことがあります。昔,水中音の研究をしていたころ,知り合う人は学会で会う同じ分野を研究する先生だけでした。そのときも,そこに何か寂しさを感じていました。現在の仕事では,もちろん多くの人と出会えますが,分野が偏り,仕事以上の関わりには発展しません。出会っても人生が大きく変わるということがないということです。

     出会いといえば趣味の世界でも出会いがあります。しかし好きなことで出会う人は波長が合えば良き友となるかもしれませんが,私にとっては常にライバルのような存在に写りました。浜を歩けばお宝を分け合わなけれななりませんし,波に乗れば波を取り合うことになります。シーカヤックに乗れば誰よりも速くゴールしたり,誰もが知らない場所に行ってみたくなり,誰よりも前にという思いが出てしまいます。

     でもボランティアで出会った人とはどうでしょうか。仕事やお金の関係でもなく,また好きなことでもなく,同じ未来を望んで集まるボランティア活動には,いろんな職業の人がいて,歳もバラバラ,またそれが世界中にいて,汗を流して経験を共にし,未来や歴史,文化いろんな話をすればするぼどどんどん付き合いは深くなり,自分の生き方に強い影響を受けます。

     海ごみと出会う少し前,ナホトカ号の重油流出事故のボランティアに鹿児島から京都の網野町に向かう途中,JR大阪駅感じたことがあります。日本海側では大変なことになっているにもかかわらず,大阪駅のホームはこれまでと同じ沢山の人が,海とは全く違った方向を向いて電車に吸い込まれて行くということです。丹後行きの列車に乗りましたが,この列車にもどれだけのボランティアが乗っているかと思うほど,いつもの車内でした。丹後で出会った多くの方が語る「裸足で歩ける砂浜」をという考え方に共感し,その後,ごみのない海を目指してボランティア活動を続けてきましたが,現在,あのときの列車に中に吸い込まれる人の立場になって,そのときの思いがなんだかわかるような気がしてきました。サラリーマンであっても仕事以外の出会いがある生活をすることが人生を楽しくすることではないでしょうかね。すっかり遠ざかってしまいましたが,少しずつ海に戻りたいと考えています。


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others