資源拠点ステーション

0

     そうそう,一年前伊勢市に講演会に行った際,時間があったので伊勢市駅の周辺を散歩していると見つけたのが「資源拠点ステーション」です。以前住んでいた姶良市は,町内会のパワーで毎月一回の資源ごみの回収をしていました。ごみを買わない生活をしていてもごみはたまってしまうもので,近くに資源ごみステーションがあればいいのにとずっと思っていました。姶良市の場合は,山の中のステーションまで持って行ってました。人はごみを車につんで移動します。これは前回のお話です。でもいい方向に向ければ車が集まるところでごみを集めることができ,効率的に回収することができます。現在の日本起源の海ごみ問題は,ほとんどはきっちり棄てられている生活ごみですが,ほんのわずかのポイ捨てが原因となっています。瀬戸内海沿岸で試算した結果,人は1日に約1kgのごみを出していますが,海に出るのは0.3gです。しかし3000万人以上の人が住むことから,ほんのわずかでもかけ算すると年間の流出量は4500万トン近くになってしまうのです。このほんのわずかをいかに減らすか,すごく対策が厳しい問題となっています。このステーションは町中にあり,皆さんひっきりなしに車でごみを出しにきていました。
     以前,高速道路やコンビニで良く見かける生活ごみの持ち込み禁止看板はいっそやめて,高い高速道路に乗ってサービスエリアにどうぞごみを出しにきてください,コーヒー無料キャンペーンではなくてごみ引き取りキャンペーンをやってますのでお店に来てくださいっていうごみで人を集める方法を考えたことがあります。途中で不法投棄されるよりも処分費用はトータルでは安いはずですから。以前海ごみ問題で訪れたハワイ島では,行政によるごみの回収はなくて,皆さん自宅のごみを回収ステーションに運び込んでいました。また持ち込みごみは分別すればポイントがもらえますが,身分別の場合は逆に費用を取る仕組みにすればしっかり分別もするでしょう。ETCカードを使えばできるじゃないかと考えたことがありました。
     水は地形的に低い方に流れますが,人は都合のいいように流れます。その都合のいいものを作ってやれば自在に流れが変わるのが人の流れです。すべてを回収できないごみ,何か自然に集まる方法を考えて,自然界に流れ出るのを防ぐ必要があります。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others