海岸における漂着ごみ管理の区分(対策メモ)

0
    4月よりコンクリート構造物の維持管理に関わる仕事を始め,現在その勉強中である。

    現代の膨大な量のコンクリート構造物に対して,その維持管理のレベルを全ての構造物や部材に対して同等に実施することは困難である。また必要もない。このコンクリート構造物の適切な維持管理には,構造物や部材の重要度や環境条件に応じて維持管理の区分を設け,適切な維持管理を実施することが重要である。

    これまで私は,「漂着ごみ対策における重点海岸の考え方は,その漂着量で決めるべきだ」と主張してきた。
    このコンクリート構造物の維持管理の考え方から海ごみ対策を考えると,以下のような考え方もできる。

    区分A:予防保全すなわち海ごみを漂着させないことを原則として維持管理を行う海岸。この区分では漂着のモニタリングは不可欠である。
    区分B:漂着後対策すなわち漂着することを前提にし,生じた漂着に対し対応することを原則として維持管理を行う海岸。
    区分C:点検のみにより維持管理を行う海岸。漂着が生じても回収は行わない。
    区分D:無人島など管理の行えない海岸。

    ただしこの場合,区分Cや区分Dには大量の漂着物が残り,そこから二次的に海ごみが発生することを認識しておく必要がある。

    これまでの漂着ごみの維持管理は,政府からの基金や補助金などの有無やその金額によって,区分Bの区間が増減するというものであった。また区分C,Dの管理については,海岸の利用がないことから,都道府県は消極的でり,政府もその地点数を増やすことや継続することもしなかった。
    何れにしても改善の兆しが見えない海ごみ対策については,いずれの区分においても,予測,点検(簡易手法によるモニタリング),評価の三つが重要であり,必要である。

    点検とモニタリング
    日常点検:日常の巡回で目視可能な場所を点検し、漂着の有無や量を把握することを目的とする簡易調査。
    定期点検:日常点検では把握しにくい漂着の状況を定期的に調査することを目的とする簡易調査。
    詳細点検:日常点検や定期点検といった比較的簡易な調査の結果,漂着量が多いと判定された場合,原因把握(流出地,構成品)や回収に対する詳細な情報が必要な際に行う調査。
    臨時点検:台風,洪水後などの大量流出があった場合の調査(総量把握)。
    モニタリング:漂着を防ぐことを目的として海の流れ,漂流物量,漂着物構成,流出地を継続して把握し,漂着を予測(予防保全)を目的とする。

    以上,対策メモである。
     

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others