第1回川ごみサミットに参加して

0

     2015年1月23,24日,東京(荒川)で第1回川ごみサミットが開催されました。
    15分で川ごみの現状を話してほしいと言われ,何とか収めたつもりですが,さてさて川での活動を長年実践されているみなさんにはどのように届いたでしょうか。多くの実践者の意見を聞きながら,川ごみについていろいろ考えたので,ここにまとめてみます。

     最初に,「川ごみと海ごみの違いって何だろうか」と考えました。

     私が瀬戸内海で川ごみの調査をした際,強く感じたのは,「川のごみはまだ中身が残っており,生活感が生々しいため,いつもの海ごみのように素手で触るのを遠慮したい」ということです。もちろん調査結果からは,フィルム系のごみが海岸に比べ多いことがわかりました。川,海面,海底,海岸と比べると,このフィルム系のごみ(レジ袋など)は川を流下し,海面を漂流して最終的には海岸ではなく,海底に堆積するようです。
     もちろん,川と海ではこのようなごみの実態の違いはありますが,今回のサミットでは,もっと違うことがあることを感じました。それは,「海ごみは海の流れで世界と繋がっているが,川ごみは地域住民と生活で繋がっている」ということ。すなわち川ごみは,発生源が被害地に近く,対策対象が地域にあるということです。そのため,川ごみのネットワークでは,いかに地域に深く入り込むかが鍵となっています。
     私これまで携わってきた海ごみは,発生源が広域でそれの集積という問題であったため,自然とネットワークは国際的に広がってきました。これまでJEANでは,ICCという世界共通のツールを使って,国内だけでなく,2003年には東アジアへネットワークを広げ,2011年の震災以降,津波漂流物を通じて,北太平洋の仲間とも繋がることができました。また昨年,第12回を迎えた海ごみサミットでは,これまで何度も河川での取り組みに関するセッションを設けてきましたが,今回,荒川クリーンエイドフォーラムの音頭により,第1回の川ごみサミットが開催されるに至りました。地域の中で完結する川ごみも,ようやく実践者同士が繋がり,手を取り合って対策にあたろうという動きが生まれてきたことは非常に嬉しいことです。

     川ごみは海ごみに比べ,対策の対象スケールが小さく,地域で様々な工夫を実施することにより,地域での問題は目に見えて解決できます。そのため,自分たちの川だけに関心があり,他地域と繋がることをせず,地域だけで完結する傾向があるようです。しかし逆に言えば,さまざまな工夫が地域にたくさん埋もれていることになります。地域の先進的な取り組みを他の地域に広げるためにも,川ごみにもネットワークが必要であり,今後,川ごみサミットが民・官・産・学による知恵を出し合う場として発展することを期待します。
     また繋がることは,伝え広げること,作り出すことというように,空間的,技術的に前進するためのエネルギーとしてだけではなく,今あるものを継続するためのエネルギーとしても重要です。「人間の行動のエネルギーは,人とのつながりによって生まれる」というのが,私のこれまでの活動を通じた感想です。また人は時とともに老いて行き,また生活のステージを変えて行きます。「始める」エネルギーはとっても大きなものですが,「続ける」エネルギーは小さくても「供給が難しい」という難点があります。そのためにもいろいろなアイデアが必要です。
     最後に,今回のサミット行われたワークショップでの内容のまとめのコメントを記しておきます。ワークショップでは「広げる」「減らす」「伝える」というお題で皆さんからご意見を出していただきました。自然界に散乱するごみ問題は,正規の廃棄物処理のルートから漏れたものであり,残念ながら「必ず漏れは発生する」という前提で,自然界に漏れ出したものを如何に適切に処理するかというルートも作り上げる必要があります。現在このルートは,海岸漂着物処理推進法により明記されるようになりましたが,未だ地域住民のボランティアに頼っているところが大ですし,所管が市町村,県,各省庁と広域にまたがり,正規の廃棄物処理のルートの用に単純ではありません。政府はできると言っていますが,できていないのが現状です。まだまだ続くこの自然界に流出するごみ問題,「今」ではなく「今後」,「繋がる」と共に「続ける」,「減らす」から「低レベルを維持する」,そして「伝える(知る,理解する)」から「行動する」という視点を持って対策に取り組みましょう。
     なお海ごみサミットは,長首が集まる場という意味で「サミット」という名称になりました。川ごみの場合,「サミット」という名称がふさわしいかは,今後の議論にお任せします。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others