大雨の後

0
    今朝,6月の定期モニタリングに行ってきました。
    結果を示す前に,まずは2014年4月21日,

    次に5月21日,久しぶりにまとまった雨のあとで川から灌木,竹等が漂着しています。
    撮影者の背後が河川です。

    そして,6月23日。大雨の後でもあり,予想通りの様子。
    これは毎年繰り返される風景です。

    灌木,竹などと一緒に毎年空き缶が大量に漂着します。それも潰されたもの。

    海岸のごみはやはり近くの河川から,大雨の後の一気に流れ出てきます。
    本来河川でこれらをしっかり管理し,処分していればこんなことにはなりません。
    もし河川で管理ができないというならば,河川管理者と河川流域の市民は,積極的に海岸のクリーンアップに係らなければなりません。

    吹上浜はウミガメの散乱のシーズンを迎えています。
    親ガメは漂着物を乗り越えて浜の奧まで進むことができますが,小ガメはさてあの灌木の山を越えることができるでしょうか。
    梅雨が終われば地域の方が中心となってクリーンアップが行われますが,海を守るのは海の近くに住む人だけではできません。
    あわせて,今回の前線で中国でも大雨があったようです。南風が一週間以上吹くと,その漂流物も吹上浜にやってきますので,注意が必要です。
    指標ランクは3でした。

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others