短編ドキュメンタリー映画「みんなの海だから」

0
     2014年2月13日(木),新宿区神楽坂のライブホールThe Glee 神楽坂にて,短編ドキュメンタリー映画「みんなの海だから」の東京上映会がありました。この作製されたニューヨーク在住の佐竹敦子監督と上映後のトークセッションため,私も鹿児島から上京しました。
     この映画は,沖縄県宮古諸島にある小さな島、池間島が舞台です。美しい自然を心の支えに生きて来た島の人々,そこに押し寄せる漂着ごみ。その9割りがアジアの他の国々からのもの。池間小中学校のビーチクリーン活動を通して海ごみ問題をアジアに、そして世界に問いかける短編ドキュメンタリーです。すでに海外での上映会も行われ,英語版はアルカディア国際環境映画祭、サンフランシスコ国際海洋映画祭正式入選したそうです。私の動画が世界の映画館で流れていると思うと,ちょっと不思議な気持ちです。上映時間35分。上映後、映画の中ではお話しできなかった海ごみの話や監督の思い,製作に至ったエピソード等が紹介され,来場者とのディスカッションも行われました。音源の著作権の関係で,webでの公開や販売ができないそうです。(手続きが大変らしい。)無料の上映会ならできるということなので,DVDが届いたら皆さんに見ていただく機会を作りたいと思います。

     佐竹監督との出会いは,運命的や衝撃的なものではなく,いろいろ探してるうちに私に行き着いたようです。2年前の話で,すっかり忘れてしまいました。でも映画の収録は,2012年8月の震災起因漂流物調査の第一回目となった米国オレゴン州ポートランドので日米NGOミーティングに出かける日,羽田空港近くの多摩川河川敷で行われました。ニューヨークからやって来た監督と,これから西海岸に行く私が,沖縄を舞台にした映画を東京で収録。なんとすごいことでしょう。このつながり。海ごみはどこにいってもごみ(負)ですが,海ごみと関わっているといろんな前向きな方(正)と出会えますし,繋がります。それが私の継続のエネルギーです。

    映画の紹介と佐竹監督のこれまでの作品はこちらをご覧下さい。
    http://www.atsukovideo.com/#!
     

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others