2013年7月29日薩摩半島西岸越境ごみ大量漂流漂着警報

0
    2013年7月29日,薩摩半島西岸に越境ごみ大量漂流漂着警報を発令しました。
    まだ詳細な分類はしておりませんが,十分発令の基準値を超えていますので,先に発表しました。九州西岸のみなさま,また秋の最初の北西風が吹く時には、日本海にも達していることが予想されますので,ご注意ください。
    発令の基準はhttp://seafrogs.info/marinelitter/mlwaring.htmlをご覧下さい。

    海ごみ研究室では,1998年より毎月一回,吹上浜の定点にて漂着物の定期モニタリングをしています。前回の調査(6/24)後,7/13に地区での一斉清掃があり,海岸漂着物がほぼすべて撤去されました。下写真は7/14に撮影されたものです。



    前回のブログにも書きましたが,台風7号が2013年7月13日,台湾北部に台風7号が上陸した後,鹿児島では西から南西の風が続いていました。本日7月29日に7月分の定期モニタリングを実施しました。上写真と同じ場所から撮影した本日の海岸の様子が下の写真です。



    遠くて分かりにくいですので,海岸におりてみましょう。下の写真は北側の様子です。



    下の写真は南側の様子です。13日に清掃されていますので,この2週間のうちに漂着したものと言えます。



    今回は従来から指標として回収している漁具(オレッジフロート,青フロート,筌,海苔リング,カキパイプなど)とライターのみでを回収しました。通常であれば1時間で終わる調査(回収)ですが,今日は6時間かかりました。量も通常は1/2袋程度が,今日は11袋になりました。この量は,2005年,2006年の量をはるかに超え,1998年の大量漂着時に匹敵する量です。特徴としては日本ではこの間,大雨がなかったことから,竹や薬莢等国内河川由来漂着物がほとんどないことであり,中国台湾のペットボトル(中身が入ったものを含む)が目立つことです。これから分類します。




    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others