うみそうじんTシャツを作ってみた

0

    昨年,震災起因漂流物の調査でワシントン州オリムピック海岸に行った際,街中に沢山あるインディアンの絵,特に目の描き方が気に入りました。また北米西海岸では,たくさんの芸術作品がお土産として販売されていました。日本のお土産屋とはかなり違い,ちょっとした美術館です。あまりに高価なので,買い物することもできず,それなら自分で作っちゃえと年賀状用に「うみそうじん」を描いてみました。


    これがインディアンの絵にインスパイアされたうみそうじん。
    せっかくなのでこれを原画にTシャツを作ってみることにしました。
    しかし,Tシャツのことなど全く考えず色を塗ったため,色数は多いし,グラデーションも使っています。
    諦めてかけたとき,ネットでTシャツ用のインクジェットプリントがあることを知り,試してみることにしました。

    そのうたい文句には,製版代不要で、柔らかくなめらかな仕上がりになること,フルカラー対応なので、写真等のグラデーション表現に最適!とあり,これならばと注文しました。

    私としてはインクが生地にしみ込むイメージで,柔らかく染めたような感じなると期待したのですが,出来上がりは写真でもわかる通りべたっと塗った感じで,背中だったら椅子にインクが写ってしまうのではと心配なくらいです。

    これはプリント屋さんが悪いのではなく,全面に色を塗ってしまった私の責任。
    線を細くし,色を塗らない箇所をもっと作らないといけませんでした。
    ちなみにインクジェットプリントは製版がないので,少ロットでも値段は高くありません。(シルクプリントに比べれば)
    それでも請求書を見てびっくり。
    プリント代のみで5,900円。
    初めは家族4人で2枚ずつと思ったのですが,1枚7,000円近くするTシャツは一人一枚で十分でしょう。
    高価な勉強代となりました。

    ということで,今回の反省を踏まえ,単色細線で攻めるDASA-9の絵も描いてみました。
    ただし首から下はリアル弟のため,可愛くないということで,今のところTシャツまでにはなりそうにありません。


    うみそうじん2014

    0
      明けましておめでとうございます。
      昨年は,震災起因漂流物を追っかけてアラスカ,カナダ,ハワイと飛び回りました。また鹿児島では中国からの大量漂着事件がありました。今年は何事もなく平和な海岸になることを期待したいですね。そんな願いを込めて今年の年賀状は,カナダのインディアンのアートにインスパイアされて描いた「うみそうじん2014」です。

      「うみそうじん」は,週末になるとクリーンアップばかりに行く父に対し,「海を掃除してくれる海獣がいれば,ずっとパパがそばにいれるのに」との願いから,長男が考えた掃除機型の海獣です。しっぽにコンセント,胸に大きなひれを8つ持ち,背中には椰子の木が生える島があります。原画はこちら。大きな口で海面を漂うごみを吸い取り,お腹の中で吸い取ったごみを海の生物に変えて蓄え,海がきれいになったら島型のふたが開いて中の生物が海に帰っていくというコンセプトです。
      そんな長男も春には6年生。子供たちの心が大人になる前に,子供たちと一緒に絵本を作りたいなあと考えています。
      またタイで作ってもらったうみそうじんの編みぐるみも50体にのぼり,アラスカ,ハワイ,オレゴン,ワシントン,カリフォルニア,韓国など世界各地に引き取られて行きました。

      今年もどうぞよろしくお願いいたします。平和な海でありますように。
       

      うみそうじん&ヤドカルン

      0


        タイのGreen Finsさんに発注してました「うみそうじんJr」の色違いとヤドカルンのぬいぐるみ20カルンが届きました。



        カラフルなキャップの家を持つヤドカルン。
        でもこのキャップは漂着ごみ。本来ならばすてきな貝殻が家のはず。
        可愛いのですが,その意味はちょっと深刻です。
        1カルン1,000円で販売する予定ですが,すでに7カルンほど引取先がきまって我が家を出て行きました。こんな調子じゃ追加しないといけません。

        ヤドカルン登場
        http://marinelitter.seafrogs.info/?eid=1243215
        ヤドカルンの編みぐるみはこちら
        http://marinelitter.seafrogs.info/?eid=1243342
















        ヤドカルンの編みぐるみ

        0
          うみそうじんの編みぐるみを作っているGreenGaget.comから新しい編みぐるみ「ヤドカルン」が届きました。実物のキャップを背負っているので,小さくて可愛いです。


          うみそうじんと比べるとこんな感じです。


          しっぽも?くるくる巻いていてよくできています。細い糸でしっかり編み込んでいるので原価が高いのが難点です。販売価格は2,000円です。現在国内入荷数5体。いずれe4shop×JEANにて販売する予定ですが,今すぐ欲しいという方は藤枝までご連絡を。送料別,早いもの順でお送りします。


          DASA-9&うみそうじん〜新春特別号 2012年はじまりの巻

          0

             今年もふじえだファミリーは,「DASA-9&うみそうじん」といっしょに,たからものを探しに海にやって来ました。おやおや,困ったことにこっそりダストパスもついて来たぞ。(ということは,今年も残念ながら海で事件が起こるのか。)
             さて,ふじえだファミリーは今年は海でどんな宝物を見つけることができるでしょうか。みなさん,お楽しみに!
             今年こそ平和な海でありますように。

            =====
             昨年は,6月にミッドウェー環礁,9月にハワイ諸島に日本から流出したごみの調査に行ってきました。ただし,これは震災前から計画していたも。9月以降,たびたびニュースで流れている震災起源の漂流がれき問題については,9月のハワイ諸島調査の際にハワイ大学のマキシメンコ博士の研究に協力を約束したもので,私は特別な研究をしているわけではありません。なのでこの問題に関しては,私は研究者ではなくて,あくまでコーディネーター。報道機関からいろいろ問い合わせがありますが,皆さん,いくら質問されても何もいい答え(津波がれき漂流物の写真とか,どこに行ったら見ることができるかって言う情報)はでてきませんよ。
             とはいえ,今年のビッグイベントは8月からのかごしま丸での遠洋航海。ハワイ沖への航海となり,私も実際に漂流がれきを探しに行く予定です。

             さて,ナホトカ号事件をきっかけに始まった海ごみの研究。あれから15年が経ちました。今では日本で地球規模の環境問題として認知され,法律ができたり,問題の社会化が進んで来ましたが,これはいち早くこの問題に注目し,取り組み続けたNGO”JEAN”と,それに賛同して調査に参加してきた地域の皆さんの力。研究は,皆さんからの疑問を解明し,新たな問題点を提起するものであって,皆さんの力を支えるベース。研究者による研究だけでは世の中は変わっていなかったでしょう。最近では,海ごみの研究も,多くの分野の専門家によって取り組まれるようになりました。なので私の研究の出番もそろそろ終わりかなあと感じています。今年は,ゆっくりとこれまでのまとめの一年としたいですね。ただし何も事件が起こらなければの話ですが。

             今年一年,平和な海でありますように。

            うみそうじん,江ノ島へ行くの巻

            0
               うみそうじんは,かながわ海岸美化財団の20周年イベント「なぎさのごみフォーラム」に参加するため,相模湾の「江ノ島」に行ってきました。

               うみそうじん:「富士山を見たよ。」



               フォーラムでは,コーディネーターのふじえだ先生の前に座って,パネルディスカッションに参加しましたよ。(写真が無いのが残念です。)

              ==解説==
               かながわ海岸美化財団は,神奈川県は沿岸市町の出資により,全国で唯一,海岸清掃活動を主事業とする財団で,今後,さらなる美化と発生抑制に取り組むため,20周年を記念して「なぎさのごみフォーラム」を開催しました。パネルディスカッションでは,「望ましい清掃の仕組み」と「ごみの発生抑制」をテーマに,地域で活動されている方,または全国,他の地域で活躍されている方からいろんなアイデアや意見が出されました。
               行動の結果が見えにくい発生抑制を推進するためには,効果が見える仕組みや行動の見える化が有効であること,また体験を通じた気付きと気付きを促すツールの必要性についての意見もありました。さらには,コンビニや自販機の普及で商品の購入は大変便利になったものの,それを廃棄する便利さが仕組みとして欠けている。消費から廃棄までのバランスのとれた便利化が健全な姿であり,今後,購入の便利には,廃棄の便利もセットで提供すべきと言う意見もありました。
               また財源の確保には,公営駐車場の駐車料金に美化協力金を設定してはというアイデアや,川から海へというごみの流れから森林環境税を海岸美化に利用するという県もあることが紹介されました。
              ======



               ふじえだ先生:「今日のパネルディスカッションはどうだった?」

               うみそうじん:「ごみを題材にしたパネルディスカッションって,ついつい原因探しの議論になってしまうよね。でも今日は,若者が多い地域だけに,前向きないろんなアイデアが紹介されました。ごみを出すのは人だけど,解決することができるのも人。夢を持った人が,実現に向けて行動するってすばらしいね。」

               うみそうじん:「交流会で「海さくら」のタバコのフィルタでできたカヌーに乗ったよ。」



               うみそうじん:「海ゴミモンスターの膝にも乗ったよ。名前は怖そうだけど,決して悪いやつじゃないんだよ。悪いのは彼を作ったの人間とその人間の心に潜むダストパスなんだ。」

               いろんな地域で活動されている皆様と会って感じることは,何とかしようという熱意ときれいな海という同じ夢,そして笑顔です。これが私の活動継続の一番のエネルギーです。パネラーの皆様,財団のみなさま,本日はありがとうございました。

              うみそうじんの原画

              0
                長男「のびる」作(2009)のうみそうじんの原画が見つかりました。
                彼は,毎週末クリーンアップのイベントや調査などで不在がちな私に対し,「うみそうじんがいれば,パパといつでも遊べるのになあ」という思いがあったようです。



                原画には蓋が付いており,ここからお腹の中の海の生物を取り出すことができます。
                良く見るとしっぽと電源コードが別でしたね。
                掃除機がイメージなので(片側)4つの足にもタイヤが付いています。
                眼が口の下についているのは,原画の通りです。

                DASA-9&うみそうじん第4話「ミッドウェーからの手紙」の巻

                0
                   ある日,うみそうじんに太平洋の真ん中にある小さな島から一通の手紙が届きました。



                  「うみそうじんさまへ,はじめまして,こんにちは。
                  ぼくは,きょねんこの島で生まれたコアホウドリのブルックスといいます。
                  ぼくはまだ空が飛べません。
                  なので,お父さんとお母さんが,毎日,海から食べものをはこんできてくれます。
                  このごろ,お母さんは白くて丸いものをたくさん食べさせてくれます。
                  だけど,それはちっとも味がなくて,だんだんおなかが重たくなってきました。
                  家のまわりには,お母さんがくれる白くて丸いものがたくさん落ちています。
                  この白くて丸いものは,いったい何ですか?教えて下さい。」
                   
                   うみそうじんは,さっそくまこと博士に相談にしました。
                   するとまこと博士は,「それはもしかして・・・」とつぶやくと,調査船「サウススター号」に乗り込み,うみそうじんと一緒に全速力で彼の島に向かいました。
                   はたしてこの「白くて丸もの」の正体とは?



                  ==============
                  解 説

                   黒潮や対馬暖流の下流域に位置する日本では,上流に位置する大陸から流出したごみが海岸に大量に漂着するといった問題が顕在化する一方で,日本から流出したごみが黒潮に乗って北太平洋へ流出していることはあまり知られていない。これは日本以東の太平洋が広大であり,かつ海洋ごみのフィルタ―の役割をはたす海岸が,遠く北米大陸までないためである。
                   私たちは,2011年6月,北太平洋のほぼ中央に位置する北西ハワイ諸島ミッドウェー環礁のサンド島とイースタン島に上陸し,海岸に漂着するプラスチックごみやコアホウドリが北太平洋上で誤食して集めたプラスチック漂流物を採取する機会を得た。ここではその調査結果の概要を報告する。
                   私たちがまず島に上陸して驚いたことは,何といっても島に生息するコアホウドリの数である。小説「漂流」で,吉村昭が鳥島へのアホウドリの飛来の風景を「牡丹雪が降るように」と記すように,その数は,「大量」というより「一面」という表現が適切であろう。島の内部の草原だけでなく,道路から滑走路,家の玄関まで,あらゆるところにコアホウドリのヒナが親鳥の帰りを待っている。しかしこれ以上に私たちを驚かせたのは,彼等の足下に散乱する大量のプラスチックごみであった。これらは,親鳥が洋上で誤食してきたものを与えられたヒナが巣立ち前に吐出したものや,そのヒナの死骸から出てきたものであり,自然に帰ることなく陸に残されている。
                   そこで私は,島に散乱する代表的なプラスチックごみ3種(キャップ,カキパイプ,ライター)を回収し,その密度を調べることにしました。サンド島中央の道路(長さ1.1km,幅3m)上から回収されたのは,ペットボトルキャップ154個,まめ管78個,カキ養殖用パイプ67本,ライター35本。これを密度に換算すると,10m四方の中に1本のライター,4個のペットボトルキャップが散乱していることになる(海岸ではなく,島中央の道路沿いでこの密度であることに注目!)。またこの値から,この島全体に散乱しているペットボトルキャップの数を求めると,約25万個にものぼる。サンド島の桟橋横海岸で行った海岸漂着物の調査の結果,ふたキャップは陸域起源物のほとんどを占め,カキ養殖用パイプ類はロープひもに次いで多い海域起源物であることがわかった。一方,実際に死んだヒナを解剖すると,その胃からはキャップやまめ管はもちろんのこと,プラスチック破片が大量に出てくる。海岸漂着物調査の結果からも,破片類が全体の7割以上を占め,そのほとんどが硬質プラスチック破片であった。また 0.3mm以上の微細プラスチック調査でも,硬質プラスチック破片が9割を占めた。このようにコアホウドリが誤食するプラスチックは,北太平洋に浮遊している20cm以下のプラスチックごみの種類とその量を反映している。
                    ところでこの島に漂着し,またコアホウドリが誤食するプラスチックはどこから来たものなのだろうか。カキ養殖用パイプ類のうち,パイプ(長さ約20cm)と損傷パイプ(長さ約10cm)は主に広島湾,またまめ管は全国のカキ養殖場で使用されている。また上記ペットボトルキャップのうち,判別ができたものの4割が日本製であった。さらに今回採取したライター(1,028本)のうち,日本起源と推定されるものは全体の5割を占め,その流出地は,日本の太平洋沿岸および太平洋に接続する内湾流域(東京湾,伊勢湾,瀬戸内海)であった。よって日本が北太平洋に大きな負荷をかけていることは,疑う余地はない。
                  ============

                   コアホウドリのブルックスは,その1週間後,大きな羽根を広げて,太平洋に飛び立っていきました。「ブルックス,君がお父さんになったときには,間違えずに餌をとってきてくれるよ。」うみそうじんは,そう願うのでした。

                  うみそうじん世界へ

                  0
                     第9回の海ごみサミットが終わりました。
                    今年は,最先端の海ごみ研究が主なテーマでした。サミットの内容については後日として,8体のうみそうじんがサミットを通じて世界,全国に嫁いで行きました。



                    現在のうみそうじんの生息地
                    ハワイ:ホノルル,ワイマナロ
                    韓国:トンヨン(OSEAN)
                    日本:山形県酒田市(NPOパートナーシップオフィス),京都府亀岡市(NPOプロジェクト保津川),岡山県水島市(水島財団),愛媛県今治市(FMラジオバリバリ),鹿児島県鹿児島市(クリーンアップかごしま事務局)

                    地域での活躍に期待してます。みなさんかわいがって下さいね。
                    うみそうじんのお話はこちらをご覧下さい。



                    ダストパスVSうみそうじん

                    0
                      早速,我が家にうみそうじんを持ち帰り,原作者にみせました。
                      「すげ!」の一言。
                      今日の宿題の日記にさっそく「やってきたうみそうじん」というタイトルで書いていました。
                      読んだ先生は,たぶん何だかわからないでしょうね。



                      小学校1年生の時に描いた絵が,ぬいぐるみになってタイから10個も送られて来るなんて,普通じゃない。でも我が家の子供たちは,普通だと思っているのかもしれません。
                      なので新しいキャラクターを考えてと注文しておきましたが,さてさて。
                      私としては,二つ揃ったので,ダストパスとうみそうじんの紙芝居もさらに盛り上がること間違いなし。楽しみだ。


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others