ありがとうを原動力に

0

     すっかり神戸の生活にとけ込んだ家族ですが,関西に戻ってきた一番の目的がこんなに早くやって来るとは思ってもみませんでした。

     神戸に帰ってから仕事の間を縫って大阪の年老いた母や叔父・叔母の家の庭木の剪定や買い物に行ってます。やはり90歳を越えると,これまで一人で出来ていたことがだんだん難しくなってきます。同じことが一年後も同じように出来るかと言われると難しくなってくる年代です。これまで90歳を越える兄弟を80歳に近くなった母が面倒みる日々が続いていましたが,それもそろそろ限界のようです。この2年,出来る限り手伝いに行くようにしています。

     職業指導の授業で「ライフキャリア・レインボー」という話をしたことがあります。これはスーパーが提唱した理論で,現在の私はサラリーマンとしての「職業人」,子供たちの「親」,母親に対しての「子ども」,家族に対しての「家庭人」という役割を持つことになります。鹿児島にいた頃には,遠く離れた親のことはあまり考えることがありませんでしたので,「子ども」の役割は低く,その分,週末は気ままに海へ出ていましたので,自分の余暇を楽しむ「余暇人」の割合が大きかったのかもしれません。また「家庭人」を放棄して?ボランティア活動に励んでいましたので「市民」という立場も大きかったに違いありません。

     しかし現在は「職業人」としての拘束が強く,比重が重くなると,「市民」としての役割はほとんどなくなり,母親等の面倒をみる時間が増えて「子ども」の役割が「余暇人」としての役割を吹き飛ばしてしまいました。「職業人」としての役割の重さが「市民」としての役割を吹き飛ばす点が,一般の人が環境や周囲に関心を持たなくする要因の一つであるのではないかと考える日々です。これが環境問題の改善の難しいところなのかもしれません。動きたくても動く時間がありませんし,そこにさくパワーもないというのが今の本音です。

     だからといってもとのたっぷりな「余暇人」に戻りたいという思いはありません。これまでなおざりにしてきた「子ども」としての役割を通じて,「余暇人」と同じ充実感が得られるからです。それは「ありがとう」の言葉です。「職業人」としても,お客様から「ありがとう」と言っていただけることでエネルギーを得ることができますが,実際はそればかりではありません。50歳を前に「余暇人」「市民」というよりも,母親や親戚のお手伝いを通じて再び「子ども」としての役割に比重を割く年代なのかもしれません。

     さて「親」として「ありがとう」にエネルギーがあることを子供たちに伝えることができているか?こちらの役割もしっかりしなければなりません。


    久しぶりの講演会

    0

       12月10日(土)久しぶりに海ごみに関する講演会でお話をしてきました。会場は三重県総合博物館。今回は大人を対象としたもので,2時間という時間を頂き,これまで18年間の海ごみ研究結果についてゆっくりとお話しすることができました。でも1時間半ですべてのお話をすることはできず,発泡スチロール破片の改善活動や漁業への被害,改善策についてはロジックツリーや継続を支援する方法など,終わってみればまだまだ話足りない点がありました。

       あわせて研究者からサラリーマンに転身した身から,続けることの難しさ,支えることの大切さを訴えました。人がいなくなっても海ごみ問題は続きます。私のお話から解決の難しさを理解していただけると有り難いです。時間があれば講演でお話した内容を順番にまとめたいのですが,そんな時間が全くないのが今の私です。そんな人でもできる対策が本当の対策なのかもしれません。


      海技士試験問題集

      0

         航海士,船長になるためには海技士免許が必要です。この免許の取得には,筆記試験合格だけでなく,実務経験が必要で,両者の条件を満たした上で最後に口述(面接)試験を受ける必要があります。残念ながら私は乗船履歴が足りず,最後の一級口述試験を受けることができませんでした。筆記試験は過去問が公開されており,過去6年分を勉強すればほぼ網羅できるようですが,この口述試験については,情報がないため,受験者の皆さんは実務で忙しい中,対策に苦慮していたというのが現状でした。口述試験対策用の参考書も出版されていますが,すべての問題が網羅されておらず,また時代によって問題も古くなり,さらには試験官によって言い回しや突っ込み方が異なることから,口述試験対策には,出版物ベースでの情報提供には限界があると感じています。

         そこで1992年より,一級、二級、三級海技士(航海)口述試験に出題された問題を受験者から収集し,これから受験する皆様に提供するサービスを開始しました。

         2016 年12月現在,一級海技士(航海)では66名の受験者から,また二級海技士(航海)では84名の受験者からのべ3,115題の問題を提供いただき,分類整理後1,309題にものぼる海技士問題のデータベースへと発展しました。さらに三級海技士(航海)問題については,ウエッブサイトで公開し,公開問題数も1,000問題を越えました。この間,受験者からの感想から,女性の試験官が登場することを知りました。現在は受験者にできる限り早く問題集をお届けするため,パスワード付きPDFファイルとしてe-mailで添付送付することにしています。また月に4〜5名程度の利用者があり,問題集も情報提供後にバージョンアップしています。合格のお知らせとともに届く大変参考になりましたというお言葉が継続のエネルギーになっています。また懐かしい卒業生からの申し込みもあり,私が若かった頃の夢を思い出しております。
         現在,売上げの全額を“海ごみ問題解決のため”に国際海岸クリーンアップ「ICC」(主催:一般社団法人JEAN)の活動に寄付させていただいております。皆様のご安航と職場である海をいつまでも美しく保つために,これからもお力になれればと考えております。
         問題集ご希望の方は,下記のウエッブサイトの「完全版最新問題集申し込み方法」をご一読いただき,藤枝までメールでご連絡ください。皆様のご安航を祈念しております!

        http://seafrogs.info/kaigishi/kaigishi.html


        秋の風

        0

           神戸に来てから1年半。週末は海ではなく摩耶山を散策する日々が続いています。

           雨上がりの秋の尾根道,六甲の山を拭き抜ける北風をほほに受けると20年前に歩いた丹後の水晶浜への路を思い出します。これから私はどんな人と出会い,どんな人生を送るのだろうかと考えていたころのことを。

           また天気のいい日の谷路の涼しさと葉の間からさす柔らかな太陽を受けると,秋の運動会の季節を思い出します。主人公の子供たちを囲んでみんなでお弁当を食べました。あの頃は競技一つずつ一生懸命でしたね。ソファーに二人が寝転がっている姿は昔と変わりありませんが,足も大きく長くなり,一触即発の毎日です。

           来週末は漂着物学会が北海道で開催されます。10年前になりますね。家族4人で襟裳岬に行きました。あの寒さは我が家にとっては初めての出来事でびっくりしましたが,幼稚園の長男もガラス玉を拾う等,私たちにとってはとても楽しい思い出となりました。

           ここ1年半,海からすっかり遠くなり,実家に送った漂着物関係の資料やサンプルを少しずつ整理し始めています。集めたものは本人にとっては思い入れにあるものですが,残されるものにとっては何の意味もない単なるきれいなもの,かわったものに過ぎません。現在神戸では最後の論文執筆のため,残されたサンプルの整理をしています。微小プラスチックの資料なので,その仕分けにとんでもなく時間がかかります。ほっておいても進みませんので,こつこつと就寝前に仕分けしています。まだまだ時間がかかりそうです。

           ライター論文のまとめも作らなければなりません。これらができれば,私の研究活動も終わりです。まだ新しいワクワクするものが見つからない2度目の秋です。


          ボランティア活動と人のつながり

          0

             10年ほど前,大学教員をしていた頃,大学卒業後,企業に就職してサラリーマンになった自分と「最近どうね」とお酒を飲んで仕事のこと,家族のこと,趣味のことなどをたくさん語りたいなと思っていました。私は大学卒業後,これまでいろんな出会いがあって大学の教員となり,好きな研究をし,自分なりに授業を考え,学生の皆さんと一緒にいろんなことをやってきました。その出会いの中から,海岸清掃活動を通じたボランティア活動を始め,いろんな方と出会い,影響されて自分の進む道が大きく変わりました。もう少し正確に言うと,自分の進むべき道が「はっきりとしてきた」といった方がいいでしょうね。

             現在,憧れのサラリーマンとして一年半が経ちました。過去の自分とお酒を飲みに行くことはできませんが,最近,自分の生き方が以前とちょっと違うなと思うようになりました。特に営業でいろんな方と出会うようになりましたが,これまでお会いしてきた人とは大きく違うのです。それは何だろうかと考えるようになりました。そう,簡単なことなのですが気がついたことがあります。昔,水中音の研究をしていたころ,知り合う人は学会で会う同じ分野を研究する先生だけでした。そのときも,そこに何か寂しさを感じていました。現在の仕事では,もちろん多くの人と出会えますが,分野が偏り,仕事以上の関わりには発展しません。出会っても人生が大きく変わるということがないということです。

             出会いといえば趣味の世界でも出会いがあります。しかし好きなことで出会う人は波長が合えば良き友となるかもしれませんが,私にとっては常にライバルのような存在に写りました。浜を歩けばお宝を分け合わなけれななりませんし,波に乗れば波を取り合うことになります。シーカヤックに乗れば誰よりも速くゴールしたり,誰もが知らない場所に行ってみたくなり,誰よりも前にという思いが出てしまいます。

             でもボランティアで出会った人とはどうでしょうか。仕事やお金の関係でもなく,また好きなことでもなく,同じ未来を望んで集まるボランティア活動には,いろんな職業の人がいて,歳もバラバラ,またそれが世界中にいて,汗を流して経験を共にし,未来や歴史,文化いろんな話をすればするぼどどんどん付き合いは深くなり,自分の生き方に強い影響を受けます。

             海ごみと出会う少し前,ナホトカ号の重油流出事故のボランティアに鹿児島から京都の網野町に向かう途中,JR大阪駅感じたことがあります。日本海側では大変なことになっているにもかかわらず,大阪駅のホームはこれまでと同じ沢山の人が,海とは全く違った方向を向いて電車に吸い込まれて行くということです。丹後行きの列車に乗りましたが,この列車にもどれだけのボランティアが乗っているかと思うほど,いつもの車内でした。丹後で出会った多くの方が語る「裸足で歩ける砂浜」をという考え方に共感し,その後,ごみのない海を目指してボランティア活動を続けてきましたが,現在,あのときの列車に中に吸い込まれる人の立場になって,そのときの思いがなんだかわかるような気がしてきました。サラリーマンであっても仕事以外の出会いがある生活をすることが人生を楽しくすることではないでしょうかね。すっかり遠ざかってしまいましたが,少しずつ海に戻りたいと考えています。



            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << May 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others