再び鹿児島

0

    3年3月生活した神戸を離れ,2018年7月1日より再び鹿児島大学に戻りました。今度は以前の水産学部から離れて,郡元キャンパスの一番西にある南九州・南西諸島域共創機構/鹿児島大学産学・地域共創センターとなります。南九州から南西諸島の地域や企業の発展を大学の研究から支援するという部署です。これまでいろいろとお世話になってきました鹿児島の皆様のためにお仕事できることにとてもワクワクしています。またそれ以外のご相談も受け付けています。海ごみ問題や非破壊検査のご相談は大歓迎です。お気軽にご連絡下さい。

    〒890−0065

    鹿児島市郡元一丁目21−40

    鹿児島大学/南九州・南西諸島域共創機構

    産学・地域共創センター

    連携推進部門 特任教授

    藤枝 繁

    TEL: 099-285-8664

     


    神戸生活3年3ヶ月

    0

      この風景を見れるのも,昨日6月29日で最後となりました。

      3年3ヶ月過ごした神戸生活も明日の朝で終わりです。

      電磁波レーダを使用した非破壊探査の仕事は,いろいろな土木建築改修現場の皆さんからのお困りを解決する仕事で,とてもやりがいのある仕事でした。また現場での仕事だけでなく、問題解決ツールの開発や技術指導等,まだまだアイデアがあったのですが,実現できずに残念です。お客さんの期待に応えられなくなることは,大変申し訳なく,後ろ髪を引かれる思いですが,次の職場でも私が出来る範囲でご相談に応えられればと考えています。

      一方、プライベートでは,仕事のプライベートの境が分からないほどいろいろな仕事をしてきた鹿児島時代と異なり,120%本業という日々でした。そのため,せっかく関西に帰ってきても知人に会うこともできず,また三ノ宮にショッピングや飲みに行くこともなく,神戸の知識は以前と全然変わっていません。また海ごみ問題に係る時間もとれず,相談を受けても十分な対応ができませんでした。さらに漂着物学会の事務局仕事も帰宅後の対応となり,会員の皆さんには大変ご迷惑をかけてきました。週末はなんとか時間を作って摩耶山を走り回ってきましたが,やはり海ほど刺激がなく,完全燃焼という訳には行きませんでした。

      これからは少しは海に近くなるので,また真っ黒に日焼けして全国を飛び回ろうと考えています。

      これで天草,鹿児島,神戸と続いた私のキャリアも,「第4章 再び鹿児島」になります。さてさてどうなることやら。これから引っ越しの準備ですが,乗船前ぐらいの何のかわりもない土曜日です。

       


      摩耶山・六甲山へ

      0

         神戸に来てから海に行けなくなったので,裏の摩耶山に暇を見つけては走って登っています。はじめはマラソンシューズで登ってましたが,マイナーな登山道へ入って行くと落ち葉で滑って登れないので,トレランシューズを買いました。滑らなくなったのはいいのですが,青谷道の延々と続く階段を下ると膝が痛くなり,月曜日は歩けないことが続きました。香川でウルトラマラソンをしている知人に膝が痛くて,,,と話したところ,【ワラーチ】を薦められました。ワラーチはゴムのソールと100均のゴムひもで作る現代版ワラジです。最初はふくらはぎと足の甲が痛かったのですが,次第に走り方を覚えて今では特に筋肉痛もなく,膝の痛みもなくなりました。下りもかかとから着地しないので膝への負担が減ったのでしょうね。ワラーチで摩耶山を走り初めてまもなく2年です。雪の中や沢道,岩場や獣道もワラーチです。すれ違うハイカーに驚かれることにも慣れました。足の裏を刺激しているせいか,この2年間,風邪もひかずに元気です。

         この3年間の走路が写真のオレンジのラインです。摩耶山の南面はほぼ攻めました。メインルートからマイナールート,鉄塔巡視路,ダム巡視路,されにイノシシ道まで,道らしきルートはほとんど攻めました。昨年からローブウェーやケーブルカーでショートカットして短時間で距離を伸ばしています。さらに今年からは北側に下って鉄道で帰ってくることも始めました。六甲山最高峰から有馬温泉へのメインルートも走り,これからは北面の枝ルートの開拓です。初めての道はカヤックで初めての海岸をまわっていたときのようにわくわくするものです。ルートによっては誰にも会わず,イノシシに会うこともあります。これはカヤッカーに会わずにイルカに会うようなものですね。2〜3時間で十分リフレッシュできます。でも海のような驚き(洞窟や奇岩,漂着物など)がないのがもの足りません。子供たちもついて来てくれず,知人を誘っても私のスピードに着いて来れず,当分は一人が続きそうです。


        あっという間に4月

        0

          この写真は新年の挨拶と思って準備していたのですが,年末から雪の山陰に閉じ込めれられ,帰ってきたら待ってましたとばかりに続けて出張が入って,あっという間に4月になってしまいました。船を見ることもなく,描きたい題材がなくて絵を描くこともなり,今年は粘土で家族の今を表現しました。仕事の報告書の締切に追われ,漂着物学会の事務局仕事や会報の編集作業,海技士問題集の申込も頻繁にあります。大阪の実家に帰ったり,おじさんおばさんのお手伝いなどで週末もありません。Facebookを見る暇もない毎日が続き,ブログも放置状態です。神戸に来てから4度目の春です。子供たちも中学校,高等学校に進学し,すっかり神戸の生活を楽しめるようになりました。さて今年(度)も始まり始まり。


          発泡スチロールと火災

          0

             先日,韓国で大規模なビル火災がありました。その際,火元で発泡スチロールが燃えたという報道がありました。またイギリスのマンションでも断熱材の発泡スチロールが燃えて大火災となりました。発泡スチロールはよく燃えるプラスチックで,これまで漁業用に使用されている発泡スチロール製フロートも,粉砕圧縮して固形燃料にされてきたり,溶解して油に戻して重油の代替え燃料として使用されてきました。固形燃料では,石炭の代わりとして製紙工場のボイラー燃料として使用されていますが,発泡スチロール単体では燃焼カロリーが高すぎて炉を痛めるため,古紙とあわせてカロリーを低下させねばならないほどです。また燃やすと黒い煙を上げて燃えますが,これは不完全燃焼によるものです。

             このような発泡スチロールは,油として利用できることから,海洋ごみのとなってしまったもの(漂着フロート)やなりそうなもの(廃漁業用フロート)は,上手く処理すれば処理が進むのですが,逆に放置した場合,燃えやすいものが海岸に大量に散乱しているということになります。以前私達ではないのですが,海岸で漂着物を野焼きしていた方が火の番を離れた後,周囲に延焼して見つけた我々が消すことができず,消防車を呼んだということがありました。海岸に大量に散乱している発泡スチロールに一度火がつけば,山火事になるでしょう。漂着放置されている箇所をおそらく人も入ることができない箇所でしょうから,消火も大変です。

             広島県でも昨年から漂着散乱ごみに対する議論が始まったようです。発泡スチロール製フロートからの大量のマイクロプラスチックの発生も大きな問題ですが,防火という面でも海洋ごみを議論する必要もありそうです。



            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others